TOP>借り手・買い手のガイド
・「問合せをする」で調整した内容にそって、内見しましょう。
調整内容例)
 日時  待合わせ場所  当日の連絡先  立会では無い場合のカギの開け方 etc...
 やむをえず遅刻やキャンセルする際も、前もって連絡を入れるなど常識的な対応をしましょう。
・申し込みたい旨を掲載者に連絡し、掲載者に求められる情報を提供しましょう。
必要書類の一例)
 申込用紙  本人確認書類の写し(免許証・パスポート等)  収入証書、保証会社審査書類 etc...
 申込に対し、掲載者側で審査・検討があります。回答期日がいつ頃になるか確認しておくとよいでしょう。
 あまりにムチャな条件の場合、相手にされなくなる可能性もありますので注意しましょう。
OKだったら・・・
・契約日、契約場所、引渡日等を調整の上、必要書類等を揃えて契約に臨みましょう。
NGだったら・・・
・あきらめて、別の物件を探しましょう。
・契約内容をよく確認し、問題が無ければ契約書に署名押印し、契約金を支払い、物件の引渡を受けます。
copyright(c) 2010 jikadan.com All Rights Reserved.